施設の紹介

第7代早稲田大学総長・大濱信泉先生を顕彰し平成9年12月に完成。
早稲田大学の時計台をイメージした塔、大濱信泉先生の胸像も設置されている。

1階

1階には展示室とギャラリーがあります。
展示室には信泉先生の遺影や日本のため、沖縄のために活躍された様々な写真や資料・遺品などが展示されています。
ギャラリーは一般の方に貸し出ししており、不定期で写真展や絵画展などが行われております。

大濱信泉記念館1F見取図

  

2階

2階には多目的ホールと研修室が2部屋あります。
多目的ホールは広さが103㎡(約7m×14m)、3名掛けのテーブルと椅子が54名分用意されており、講演会や発表会・会議などに利用されています。
研修室は1部屋30㎡(5.4m四方)、3名掛けのテーブルと椅子が18名分用意されており、研修会やサークル活動・打合せなどに利用されています。また、研修室は2部屋の間のスライディングドアーを取り払うことにより2部屋合わせてご利用することも可能です。
2012年4月より、有線/無線でのインターネット回線の利用も可能になりました。

多目的ホール
研修室